パワーストーンイメージ

パワーストーンの変色について

私は、これだけ現代が発展していても、朝のテレビ番組の占いコーナーのワースト結果や、お正月のおみくじで凶が出たりすると、心の何処かで気になってしまう性格です。
特に普段の生活で、神様や仏様を崇拝し毎日のように願掛けをしているわけではないですが、ワーストなどの悪かった結果にたいしては、過敏に反応してしまいます。
そんな性格を理解して、数年前に彼女からお守り的な意味も含めて、パワーストーンをプレゼントに貰いました。
プレゼントを貰った後に知った事なのですが、選んでくれた理由が一年365日、毎日に誕生石があり、全ての日に意味のある石があります。
その事を知った彼女がわざわざ私の誕生日の石を調べてくれて、選んでくれました。
その事を知りとても嬉しく感じて、すぐに愛着を持つことが出来ました。
ブレスレット(数珠)のデザインがとても気に入り、デートの時にはつけていましたが、出勤する時には会社の同僚や先輩、周囲の目も気になるので家において勤務をしたり、彼女と仕事の後に約束しているときには、カバンの中に専用巾着に石を入れておき彼女を合う時には、右腕に装着して使用していました。
ある日、数年前に撮影した彼女との写真を見て、ふと何か違和感を感じたので、良く写真を見て気付いたのですが、パワーストーンの色が若干薄く変色している事に気づきました。
テレビの占いコーナーのワースト結果に怯えてしまうのに、石の色は薄くなっている事に気付いてしまい、これはきっと何かの前触れに違いないもしくは、石が何か身代わりになってくれたのか、それとも元々が石なので年数が経過しているし、特に手入れもしていなかったので薄くなってしまったのか、今まで使用していたお守り代わりのパワーストーン色が変色していまって、効果とかパワーとか、もしかしたら何か変な成分の薬品と反応してしまったのか取り合えずこのまま、彼女に気付かれてしまったらどのように説明すれば良いのかわからずに、石は石屋に聞けば解決してくれると考えお店の人に聞く事にしました。
お店の人の回答は、元々土の中に数千年前、数万年前から石は地中に存在しており長い時間の中、地中に埋もれていた天然石を加工しプレスレットとしているため、太陽光など外気や日々の暮らしの中でつく細かな傷などで、石も変色してしまう事があります。
種類によっては、光や水にも弱い性質を持ったものもありますとの事でした。
又変色や傷がついたからと言ってパワーストーンの持つ本来の意味は変わり無く効果が無くなってしまう事などは決してないです。
ましてや大切な人からの贈り物なら、その人の思いも石を通じてあなたにパワーを与えてくれます。
パワーストーンの変色が気になる人は日頃からお手入れが大切で、柔らかい布なので石をの汚れを優しくふきっとて下さい、けして石の表面に傷などをつけないように細心の注意を払いながら、自分の思いを込めながら綺麗にすると良いでしょう。
どうしても汚れが気になり、水に強い石をお持ちなら、水やぬるま湯で丁寧に洗ってみる事をお勧め致します。
丁寧にパワーストーンのメンテナンスをすれば、自分の思いも石に秘められますから、より一層パワーを与えてくれます。
それでも気になる人は石の浄化をお勧めします。

Copyright(C) 2011 運気を上げよう.com All Rights Reserved.