パワーストーンイメージ

パワーストーンを複数持って運気をアップ

パワーストーンは少し前なら、石の形をそのまま使ったような素朴なデザインのアクセサリーがメジャーでした。
しかし、最近は植物の形をあしらった物や繊細なデザインのアクセサリーが増えてきました。
フォーマルでもカジュアルでも使うことができるので、ますますパワーストーンが身近に感じられるようになってきました。
そこで、複数のアクセサリーを持つと石同士が喧嘩をするのではないかと、考える方が結構多いです。
しかし、複数の石を持っているからと言って、何か悪いことが起きるという事は無いです。
むしろ、自分のエネルギーをチャージしてくれます。
ただし、注意したいのは、石に依存しすぎないということです。
何でもそうですが、問題の本質を見極めることなく、周りのせいにしていても状況が解決することは無いのです。
まず、自分が主体であるという意識をしっかり持ってください。
そのためには、自分が癒され浄化することが一番大切です。
ちなみに、浄化を助けてくれるのは、透明水晶かダイヤモンドです。
私は一時期、職場の上司や同僚と上手くいかなくなり、八方ふさがりのような状態になったことがあります。
さらにその上の上司に相談しても、まともに取り合ってくれず、状況は悪化するばかりでした。
さらに、家でのコミュニケーションにも行き詰まりを感じ、ストレスが高まっていきました。
そこで、そんな状況を何とかしようと、オーダーメイドでパワーストーンのアクセサリーを販売しているデザイナーの方に連絡をとりました。
その時に紹介された石がハーキマーダイヤモンドとピラミッド型にカットされた透明水晶です。
その時のリーディングによると、私は今まで目の前に出てきた課題を乗り越えてこなかったので、それが今一気に表れてきているとの事でした。
逆に言えば、それが自分の内面を浄化する良い機会であるとも教えていただきました。
そのような浄化の時に、助けてくれるのが水晶なので、持っていた方が良いとリーディングしてもらい、ハーキマーダイヤモンドを購入しました。
このハーキマーダイヤモンドは、両極にとんがった形をしている水晶で、カッティングによってダイヤのように輝いている石です。
手に持っていると清々しい気持ちになれ、体の疲れも一気に解消されるようでした。
その後、紹介してもらった別の石がどうしても気になって、そちらも購入すことにしました。
同じ水晶でも、自分のメンタル面、身体面等に働きかける効果は、全く違います。
例えば、ピラミッド型の水晶は自分の心の中と外部の繋がりを取り戻してくれます。
ハーキマーダイヤモンドは、自分と周囲の状況を繋ぐ物理的な働きをしてくれます。
この二つは、似て非なるエネルギーを持っています。
しかし、このように石を複数持つことで、自分のエネルギーの浄化を早めてくれますし、より力強く生活することができるようになります。
それに、アクセサリーとして持つならば、何種類も持っていた方が楽しいです。
私は、ネックレスを二つ購入して、その時の気分で身に付けるパワーストーンを選んでいます。
人のエネルギーは変化するので、常に同じ石と共鳴してはいないのです。
私も、体調やメンタルの調子によって、付けるパワーストーンを選んでいます。

Copyright(C) 2011 運気を上げよう.com All Rights Reserved.